お詫びと訂正:20日のブログにて
「南米選手権(女子)でコロムビアが
優勝」と言うのはフェイクNEWS
だったようです。申し訳ありません。
ブラジルが優勝のようですが、スコア
など不明ですので、調べてみます。
なお、準優勝のコロムビアは、世界
選手権に出場します(ランキングも
16位ですし)。
 
  ◇  ◇  ◇
 

シーガルズ

 “ライトRegular争い”
2021-09-21 (5)
 
皆、身長が1cm違いなんですね。
開幕まで3週間ちょっと。シーガ
ルズのライトの定位置争いが激化。
渡邊真恵がPFUに移籍。大野石油
から渡邊と同じサウスポーの佐藤が
移籍してきたが。さて?
 
高柳有里:サーブレシーブ、ディグ
 などディフェンス面ではリード。
 レセプに入れるのでレフトでの
 起用もありそう。「大事な場面で
 確実に一本を決められるように
 したい。」
佐藤愛美:サウスポーを活かした攻撃
 力が武器。昨季V2で193得点を挙げた
 実績あり。「びびっていても点は取れ
 ない。性格の明るさをプレーでも表現
 したい。」。
遠藤彩萌:高柳と同じ静岡の出身。昨季
 は2試合の出場にとどまったが、ジャンプ
 力に磨きがかかり、ブロックも期待
 出来る。「スパイクのタイミングや
 角度、スピードを工夫し、確実なもの
 にしていく。」
及川真夢:インタビューなどで、何度も
 (ライトを)アピールしている。MBと
 しても先発候補だが、「新たな武器に
 したい。」と意欲的。渡邊も移動攻撃
 や時間差などコンビプレーを得意と
 していたが、及川もまたその機動力が
 持ち味。速攻にも入れるライトとなる
 とかなり魅力的。
 
 渡邊は昨季、アタックで286得点。総
 得点は312。その穴を埋め(さらに超え
 る)られるかが今季岡山が浮上出来る
 かどうかの鍵となるため、この定位置
 争いは大きな意味を持つ。
 「それぞれ意外性のある攻撃が出来て
 いる。ラリー時の守備力が高いことも
 好材料。相手に応じて使い分けられる
 よう仕上げていく。」と河本監督。
 
2021-09-21 (2)
 (山陽新聞より一部引用)
 
  ◇  ◇  ◇
 

世界選手権 2022
〇男子出場国
前回優勝:ポーランド
開催国:ロシア
アジア代表:イラン 日本
アフリカ代表:チュニジア カメルーン
ヨーロッパ代表:イタリア スロベニア
北中米代表:プエルトリコ カナダ
南米代表:ブラジル アルゼンチン
ランキング上位12チーム:
 フランス USA セルビア 
 キューバ オランダ ドイツ
 メキシコ トルコ エジプト
 ブルガリア カタール 中国
〇内訳
 アジア4 アフリカ3 ヨーロッパ10
 北中米5 南米2(計24)
アジア選手権3位の結果を受けて
 中国が出場を決めましたね。今後、
 アジア・アフリカ勢がのしてくる
 ような気がします。
 
E_rnIlEXIAg8cV1
 ユーロ大会で3位に終わったポー
 ランド。コハノフスキー&フォル
 ナル。3位決定戦のユニに、全員で
 サインを加えたんですね。クビアク
 キャプテン、メダル授与役になった
 り、でんぐり返しをやらせたり、
 このサインもクビアク発案なんで
 しょうね。ポーランド連覇を!!!
 そのポーランドに日本も絡んでいけ
 ますように。
 
E_zU-VuVgA8QXF1
 
  ◇  ◇  ◇
 

2021-09-21 (6)
インドネシアの英雄が、今季も
 VC長野でプレーとのこと。大分三好
 のバグナス選手が“2週間の隔離”を
 経てようやくチームに合流との
 ツイートがありましたので、パナの
 クビアクや名古屋のクレクキャプテンの
 チーム合流も、開幕1週間前になる
 かも知れないですね。
 サントリーのムセルスキー、リハビリ
 は終わっているんですかね?
 
V1+α男子選手一覧
71⑥
 
年末には内定選手が加わるでしょう
 が、昨季とあまり変わらないですね。
 あと、FC東京の外国人選手がどうか
 はありますけれど。  
 変わったのは堺。主セッターが関田
 から(おそらく)深津にあるのと、バー
 ノン&迫田の新戦力。それと、JTEKT
 のOPが西田→宮浦健人に。
 
ブログ的注目選手BEST10
①宮浦健人(JTEKT):龍神でも実力の
 片鱗を見せましたね。が、この選手の
 サーブはあんなものではないですよ。
 セッター小林光輝なら最強のコンビ
 になりそうです。
②シャロン・ヴァーノン(堺):
 荒削りなところもあるけれど、ここ
 数年の堺の外国人選手としては、最
 上級では?
maxresdefault
 2016年(18才)からカナダ代表。206
 cm、まだ23才。最高到達点が382
 cmって、普通の2階立ての家の2階
 のベランダに届くような高さです
 よね。唖然…。
 
③山田滉太(大分三好):大分三好の
 小さなエース。元JTEKTの浅野選手
 を見ているよう。エメルソンの出来
 次第では、山田・バグナス・エメル
 ソンの3強サイドで大浮上の可能性が。
④彭世坤(サントリー):サーブよし、
 ブロックよし。小野選手とのMBコンビ
 はサントリーを連覇に導くかも。
⑤バルトシュ・クレク(名古屋):ユーロ
 では、五輪からの疲れかさほど決定率
 も高くはなかったけれど、今季は
 名古屋のキャプテン。どうチームを
 まとめどう(プレーで)引っ張っていく
 のか、昨季の2倍注目です。
 
⑥迫田郭志(FC東京):福山平成時代から
 注目している選手。昨季は常時先発
 とはいかず、不完全燃焼だったけれど
 攻守のバランスのとれた選手。心機
 一転、堺での活躍を期待します。
 高野選手とスタイルが似ているだけ
 に、どちらがレギュラーを勝ち取るか?
⑦久原翼(パナソニック):昨季は、体調万全で
 なく目立ちませんでしたが、実力から
 見ればパリ12人にも入りそうな器。
⑧髙橋良(名古屋):OH/OP両方いけて、
 パワーヒッターではなく“器用で小気味よい”
 系のアタッカー。全日本で高梨・髙橋
 藍・髙橋良の日体大トリオ形成となっ
 て欲しい。
⑨道井淳平(JTEKT):ユーロ選手権では
 199cm大型セッターのジャネッリが
 MVPとなりましたが、道井選手も198
 あるんですよね。この高さを活かせた
 ら…。日本のジャネッリとなれ。
⑩小川智大(名古屋):昨季、サーブレシーブ 
 成功率(73.2%)で日本記録を打ち立てた
 リベロ。天才的な勘を見せるディグも
 いいと思うんですが、五輪・アジア
 選手権では山本智大の陰に隠れました
 ね、なぜか。
 
ggg
 山田滉太。この中学生にも見える
 童顔と、あのえげつないBA(の高さ)
 とのギャップが魅力。
  
     *
  

【退団情報】
愛宕諒子 (任意引退)
 高岡商→パイオニア(3ヶ月で廃部)
 →日立→群馬銀行→GSS
岡野弘子 (GSSコーチ) 
 どうされるんでしょうね。岡山に
 戻ってきてくれれば。