PFUは1/23・24の川崎大会、2/6・7
の姫路大会への出場を見合わせると
発表。(1/31の滋賀大会は緊急事態宣言
下でないため出場ということか。) この
代替試合(4)とデンソーの代替試合(3)を
消化するとなると、(RRは2/14までの
予定なので) 2/20・21のFinalは無理で
しょう。Vカップ(2/27~3/21、3/27・
28)を縮小または中止して、そこへ
Finalを入れるしかないのでは。
 
  ◇  ◇  ◇
 

指揮官の荒療治が秦功
 (山陽新聞より一部抜粋)
驚くべき爆発力だ。第1セット、25-9
のスコアで圧倒。この時点で相手を
ノックアウトしたも同然だった。
リーグ中断期間に、構築に力を入れて
きた組織的な守備が機能した。ワン
タッチを取ると、ボールの落下点に先
回りしたバックの守備陣が悠々と拾って
攻撃につなげていく。「ブロックと
レシーブの関係がすごく良かった。」と
センター長瀬。
2021-01-17 (33)
 
スタンドに拍手が響き続けたのは、5-4
から14-4と突き放した場面。宮下のツー
アタックや吉岡の2本のサービスエース、
長瀬の移動攻撃と、やることなすこと
全てがはまった。
 
選手たちを突き動かす「刺激」があった。
東レ戦で河本監督は主力をベンチ外にし、
代わって古川・中本ら経験の浅い選手を
送り出した。「若手たちの奮闘を見て、
レギュラー陣が人間力を高めなければ
プレーオフのチャンスはつかめないと
考えた。」からだ。逆転4強を見据えた
指揮官の“荒療治”は早速効果を上げた
ようだ。
“逆転4強を見据えた”というのは違うと
 思いますね。もっと先を見据えた、と
 いうのが正解では。4強入りを目指すの
 であれば、どんな犠牲を払っても東レ
 戦を取りにいったはず。勝ち負けより
 チーム力の底上げを図っている時期
 なのだと思います。
2021-01-18 (46)
 “攻守の要”
 
     *
 

 
 コートネームの“マイカ”は監督が付けた
 そうなんですが、マイは山口舞さんの
 マイで、カは宮下遥選手の(ハルカの)
 カですって。
 
32

2021-01-18 (47)
 16日東レ戦での中本選手、初アタック
 初得点(ブロックアウト)。この時の前衛は、
 古川 吉岡MB 中本(←高野)
 なんですね。これからもレフト争いを
 していくだろう3選手が並ぶなんて。
 
cce5fde3056dc514214170740b3887c4_1
 1/17
  ↑ 僅か1週間!
 1/10 

spo21010912100031-p2

   ◇  ◇  ◇
 
2021 国際大会日程
国際大会
このうちいくつが出来ますか?
 
  ◇  ◇  ◇
 

V1女子個人ランキング
 (1/17 現在)
〇総得点
 ①ドルーズ・アンドレア 319
 ②ヤナ・クラン 314
 ③リー・シモン 276
 ④アコスタ・ロスランディ 249
 ⑤金田修佳 248
〇アタック決定率
 ①島村春世 52.5%
 ②ドルーズ・アンドレア 49.8
 ③アキンラデウォ 49.2
 ④タップ・ハンナ 45.1
 ⑤横田真未 44.9 ⑦川島亜依美 42.9
 
“気になる選手の成績”
原幸歩(トヨタ車体)
 1/17 KUROBE戦 16/46(34.8%) B3
 サーレシも無難に。
志摩美古都(PFU)
 1/16 上尾戦 9/28(32.1)
中本柚朱
 1/16 東レ戦 5/10(50.0) 
 サーレシ 64.3%と安定。
付欣田
 1/16 東レ戦 2/7(28.6) B2!!
荒木彩花(久光)
 1/17 NEC戦 5/10(50.0) B2
 
鵜野幸也(堺)
 1/16 名古屋戦 15/23(65.2)
 チーム最多得点!
小澤宙輝
 1/17 JT戦 16/30(53.3)
Er6sGYnVcAIjQYl
 荒木彩花選手。東九州龍谷出身の
 1年目。184cm,MB。全日本入りは
 いつか?
 
  ◇  ◇  ◇
 

SerieA
1/17
 Milano 1-3 Perugia
 (18-25,25-23,16-25,21-25)
OPのジャン・パトリが戻ってきて
 チーム力が上向きのところで、首位
 Perugia・2位Civitanovaとあたると
 いう巡り合わせが…。PO進出に赤
 信号が灯りました。
s0118_official_01_pm