12・13日に予定されていました天皇
杯皇后杯近畿ブロックは中止となり
ました。→延期ではない模様。どう
やってFinal進出チームを決めるん
だろう?(関東も同様)
 
  ◇  ◇  ◇
 
EGmZfEpU8AEN-iI
 
日本⑥ 3-2 エジプト②
 (25-14,18-25,25-23,
  28-30,15-13)
石川BAなどで4-2。高橋速攻で
 早くも3点目、8-4。西田連続SA!!
 10-4。この試合前の時点で、西田は
 サーブ部門の1位。西田BAで13-6。
 
 福澤BAなどで16-7。高橋Bなどで
 23-12。最後は石川。MBがよかった
 SET1。終盤、大竹も巧打。
 
 SET2 エジプトが牙を剥いてきたか、
 2-6。サラフ(35才)はW杯5回目の
 出場と言うから恐れ入る。石川BA
 5-7。なかなか追い付けない、12-14。
 
 12-17となって石川→柳田。この
 エジプトはブラジルからも1SET取って
 いるからなあ、侮れない。15-21。B
 も威力を発揮し始め、エジプト会心
 のSETか。
 
 SET3 おいおい、0-4。エジプトの壁。
 石川BAなどで2-4。サイードBAで
 5-8。高橋×2、石川BA! 8-9。西田
 SAでやっと追い付く。
 
 小野寺×3、13-12。福澤パイプで
 16-14。西田×2、19-18。21-23の大
 ピンチから関田SAなどで24-23。
 最後またもや石川!よく取れた!
 
 SET4 石川のパイプ!8-6。福澤×
 3!!! 11-7。福澤SA、13-8。石川B!!!
 16-12。高橋、止められたか18-16。
 エジプト強し!1点差に。
 
 大竹・藤井イン。大竹×2、23-21。
 痺れる場面でよく決めたなあ。
 25-25、柳田RS。石川BAで27-27
 と粘ったが…最後石川B浴びる。
 
 SET5 石川・西田BA、5-3。連続
 B浴び5-6。西田B! 7-6といったん
 前にでたが…10-11。
 
 石川BAから西田Sネットインで
 12-11。小野寺決めた後、藤井が
 価値千金のB!!!!! 10-11からよく
 逆転出来た!苦しい苦しい戦い
 だったが3位アメリカと並ぶ6勝目。
 (Pは米18、日本が17。) 日本は
 4連勝!次は13日にイランと。
 
〇SET1 先発
 西田OP 高橋MB 石川
 福澤 小野寺MB 関田S
 山本S
 
 ワールドカップ
10/11

アメリカ⑥ 3-2 カナダ③
 (21-25,25-11,20-25,
  25-19,15-13)
ロシア④ 3-1 イタリア④
 (13-25,27-25,28-26,25-12)
ブラジル⑧ 3-0 チュニジア⓪
 (25-17,25-14,25-13)
ポーランド⑦ 3-0 オーストラリア①
 (25-18,25-20,25-9)
アルゼンチン③ 2-3 イラン④
 (25-27,25-23,25-19,
  17-25,10-15)
 
 今日のサンチェスくんはベロ出し。
EGhOKBrU0AAJ-Ed
 
 10/10 日本 3-1 ロシア
2
 
4
 A決定率はロセルに次いで2位。
 
3
 日本のSAは12! この攻めが出来て
 いると強い。
 西田 22(16/30) SA5!!!!!
 石川 14(SA2) 髙橋 9(B2,SA1)
 福澤 8(SA2) 柳田 5
 小野寺 5(B1,SA1)
 
8
 BEST SERVERS 2位、総得点
 6位、アタック決定率 4位。
 “世界の西田有志”
 しかし、SET4(ロシア戦)、福澤の
 BA×2、関田の超繋ぎ&S効果、
 西田のSA連発、石川のA&SAと、
 誰がということなく、流れを次々と
 受け継いでいったところが凄かった
 ですね。
 
kj
 敵なし状態か!? ブラジルの核、
 ブルーノ・レゼンデ(#1)とアラン・
 ソウザ(#21)。
  
イバン・ラコブレフ
 世界No.1 ブロッカー。ロシアの
 イバン・ラコブレフ。
 
  ◇  ◇  ◇
 

EGaC-bAU4AAF3Yf - コピー
 
EGkewSxUEAEpDJj - コピー
 
     *
 

80
 
宇賀神:『良いトスを上げることより
 も、仲間を生かすトスを上げる
 セッターを目指す。』
渡邊:『自分のパフォーマンスがよくない時
 でも、自分がやらないといけない
 ことに集中する。』
居村:『点を取るためや勝つための
 ルールをしっかり守り、状況を見な
 がら自信を持ってやり切る。』
金田:『みんなが頼れるようなエースに
 なることが目標。一戦ごとに変化を
 つけた攻撃をやっていきたい。』
佐々木:『プレーに変化をつけることが
 重要。チームが崩れた時に、立て直す
 声掛けとか雰囲気もつくっていき
 たい。』
 
81
 
吉田:『ずっとサーブの強化をしている。
 自分たちがうまくいかない時の
 最低限のレベルを上げること。』
川島:『ブロックとレシーブの連携や
 コンビとかもそうだけど、より正確に
 という部分が大切。』
河本監督:『センターは長瀬が速くて
 力強い。及川もそうだが、この2人
 が決めるとチームに元気が出る。』
 『ここ数年は、東京五輪までに何か
 の大会で優勝と言ってきた。互いを
 支え合うシーガルズらしい戦いが
 出来れば、かなり面白いシーズン
 になるでしょう。』
 
     *
 

JTEKTの外国人選手コンビ
しょう
 
ラオ・シュハン
 210cm,107kg,22才,MB。
 日本は、幼い頃から生活してみたい
 と思っていたそうです。注目して
 ほしいプレーはブロック!ニックネーム
 は“ショウパン”(中国語で小太りの
 意)。刈谷で拝見してきましたが、
 堂々とした体躯で“小太り”はかわい
 そうですね。
 
 “帰ってきたカジースキ”
 
2377d6ab
 
 マテイ・カジースキ。203cm,98kg,
 35才,MB。注目してほしいプレー
 はスーパーサーブ!仲の良いチーム
 メートは久保山選手。富士山に行って
 みたいそうです。
 頼もしい助っ人2人の力を借りて、
 浅野・西田選手を中心に、今季は
 まずはFinal進出を!