トヨタ車体内定
 鴫原ひなた(古川学園)
 176cm,OH。
守備も固いサイド。吉田あゆみ選手
 はどこへ?

 
  ◇  ◇  ◇
 

東レ 3-1 堺
 (25-18,19-25,25-18,25-12)
堺はジョルジェフ・千々木選手が
 いないんですけどね。OPは松岡。
 SET3、冨松Bで6-4。冨松×松本の
 MB対決が興味深い。ルジェの連続
 SA!! 10-6。伏見B! 16-11。
 
 李の打数が増えてきた、やっと。
 なぜかアウンが出ていなくて鈴木。 
 伏見速攻、22-16。Bも脅威。最後
 鈴木が決めて東レ。鈴木は、BAも
 冴え9/14(64%)。
 
 SET4 高野がルジェをB! 3-3。
 ルジェ、お返しで松岡をB、6-3。
 ルジェB再び、11-7。鈴木のSで崩し
 連続得点、16-8。松岡が東レのB
 の餌食になっている。
 
 ルジェに替わった落合決めて21-10。
 RSの峯村のSで崩し東レ連勝。

 
都城工 1-2 福井工大福井
 (23-25,25-14,24-26)
何と言う…接戦…惜しい。
清風 2-0 駿台学園
 (25-16,25-23)
 
金蘭会 2-0 細田学園
 (25-13,25-20)
盛岡誠桜 2-0 大成女
 (25-13,25-17)


DwJcxZ7UwAADSqJ
 “有本和貴04”さんtwitterより
 1/5 久光製薬戦


  ◇  ◇  ◇ 
  
春高バレー

1/6の好カード
 (女子)
金沢商 2-1 文京学院大
 (25-16,24-26,25-20)
誠英 0-2 鹿児島南
 (20-25,22-25)
九州文化 0-2 京都橘
 (24-26,18-25)
 
 (男子)
崇徳 2-1 開智
 (20-25,25-23,33-31)
市立尼崎 2-0 東亜学園
 (25-11,25-14)
松本国際 2-1 埼玉栄
 (18-25,25-21,25-19)
密かに応援している都城工は福井
 工大福井と。

 
1回戦の結果(女子)
 
IMG (2)
 
〇2回戦
佐賀清和 2-1 高松南
市立沼田 1-2 富士見
古川学園 2-0 近江兄弟社
 (25-20,25-20)
 
就実 2-0 福工大城東
 (25-23,25-16)
川崎橘 2-1 長岡商
下北沢成徳 2-0 郡山女大附
 (25-13,25-12) 
都市大塩尻 1-2 鎮西
 (25-21,20-25,20-25)
 
東九州龍谷 2-0 長岡商
 (25-18,25-17)
八王子実践 2-0 奈良文化
 (25-19,28-26)
福井工大福井 2-0 延岡学園
済美 1-2 日本航空
 
2回戦以降の
 組み合わせ
(男子)
IMG
 
BEST16に関東勢0!
 東日本では雄物川のみ

 
大村工 2-0 静清
愛工大名電 2-0 佐賀学園
高川学園 2-0 土浦日大
 
近江 2-0 東海大札幌
松阪工 2-1 鹿児島商
鎮西 2-0 東海大相模
雄物川 2-1 日本航空
 
多度津 2-0 県岐阜商
東福岡 2-1 作新学院
洛南 2-0 岡山東商
 (25-15,25-16)
西原 2-0 石川県工
 
     *
 

5日の東福岡×大塚戦
で、こういうことがあったようです。
 (スポーツ報知より)

 
試合後に関係者の指摘により発覚。
東福岡・藤元監督から状況を確認した
ところ、ユニホーム番号の間違いのまま、
試合を行った事の確認が取れたと
いう。
 

報告書では、原卓弘大会委員長の名前
で「競技規則に則ると、試合中に発覚
した場合
は当該ポイントを全て無効と
するが、試合終了後の公式記録用紙に
両チームキャプテンがサインを行って
いることで、試合は成立という判断をし、
…(以下略)
 
そういうルールなんですね。2014年
 のインターハイを思い出しました。
 3回戦の滝井×金沢商戦。SET1滝井
 25-12。SET2滝井15-9。この場面で
 上と同じ「ユニの取り違い」が発覚
 しました。審判が気付いたのではなく
 “関係者”の指摘だったと記憶して
 います。SET1は0-25に、SET2は
 0-9から再開、当該の2選手は退場と
 なりました。
 
 試合中と試合後では、こんなに差が
 あるのです。審判も気付かなかった
 のに…。しかし、その関係者とやら、
 よく2選手の顔が分かりましたね…。
 と、4年以上も経ってからぼやいて
 いるわたくし。(ルールはルールだから
 仕方なかったのか?両チームの選手
 の気持ちを考慮して酌量の余地は
 なかったのか?)
 
  ◇  ◇  ◇
 
V3
V.北海道 3-1 奈良
 (25-18,25-23,18-25,25-22)
三重 3-1 近畿クラブ
北海道 7-1(20P) 三重 6-2(18)
 

V1
1/6
PFU 0-3 久光製薬
 (14-25,16-25,23-25)
KUROBE 0-3 上尾
 (20-25,22-25,21-25)
 
JT 3-0 VC長野
 (25-20,27-25,25-20)
豊田合成 3-0 大分三好
 (25-23,25-20,27-25)
ジェイテクト 3-2 FC東京
 (25-14,21-25,25-14,
  24-26,15-13)
金丸・郡が先発。ジェイテクトのA
 決定率が8割!16-8。昨日のジェイテクト
 は何だったのかと言うような。
 
 SET2 西田B! 4-2。その西田がB
 され4-5。金丸Bで8-7。ブラトエフ
 B浴び8-10。FC、このSETはよく
 繋いでいる。デロッコ決めて10-13。
 西田も止めて12-16。
 
 浅野イン。当然。16-18。金丸Bで
 4連続得点。西田を止め、手塚で
 FCがタイに。
 SET3 郡×2、ブラトエフのSA、西田
 B! で4-0。7-0→8-5。西田SA、10-5。
 
 浅野レセプなら固くなるけど、郡を
 育てている。FCはどうしてもミスが。
 16-9。西田×2、18-11。ブラトエフSA
 郡Aなどで悠々。郡 14/22(64%)。
 
 SET4 FCは長友先発。福山SAで
 7-4。郡B! 11-8。SA決められるも
 まだ我慢。14-13。郡が長友をB!
 ブラトエフSAで危機脱出、19-16。
 
 長友SA、栗山Bで21-20。デロッコ
 のBで大逆転!ジェイテクトは郡・
 ブラトエフのレセプに目を瞑ったので
 仕方ないか。郡は2段が多いにも
 関わらず決定率がかなり高いので。
 
 SET5 西田A&Bのスタート。FC
 踏ん張って10-10。福山のB!
 12-10。栗山B、14-12。最後は
 西田でどうにか逃げ切る。
 
DwNSuJ4VYAEoWkb
 レセプは狙われ続きましたが、攻撃
 面では、2段も何のその、23/39
 (59%)と逞しかった郡浩也選手。