21
 
2018-19 SEAGULLS
 
挑む!V1
 14人枠・若手がアピール
 
11月3日開幕するV1女子に、岡山
シーガルズが参戦する。岡山に拠点
を置いた2001年以降で初めて下部
リー グに降格した昨季。その苦い経験
を通して生まれ変わろうとするチーム
を追った。
 
リーグのベンチ入り枠は14。これを
今季の岡山シーガ ルズは26人で争う
ことにな る。「その日の選手の調子、
選手同士の組み合わせや相手の特徴
を見極めて最適な14人を選ぶ。でも
難しいね。」河本監督を悩ませるほど
戦力は充実しつつある。
 
シーガルズの場合、レフトに4か5、
センターに3か4、ライト2、セッターに
2か3、リベロ2の枠を割り振 る。優勝
した昨季のチャレンジリーグを通じて
若手に実戦経験を積ませ、底上げに
成功 した。限られた椅子を奪い合う
ポジション争いが激しさを増す中、
蓄えた力を爆発させ る2季ぶりの
トップリーグ 「V1」がいよいよ始まる。
 
“伸び盛り”
 
中軸として期待されるのが伸び盛りの
入団4年目の6人だ。初の試みとして
9月に笠岡市で行ったヴィクトリーナ
姫路との交流戦「山陽ダービー」では、
こんな シーンがあった。
 
ジュースの末に奪った第1セット。終盤
に投入されたセッター宇賀神がリズム
を生み、エースに成長した金田が 強打
を決めて流れを引き戻すと、途中出場
のライト磯部が切れの良いアタックを
沈める。会場のファンに成長をアピール
した。
 
昨季チーム1の264得点 を挙げた金田
をはじめ、居村、高野の両センターに
ライ ト林を含めレギュラー争いに割って
入ってきた世代だ。 「いつまでも先輩
たちに頼っていられない。自分たちが
引っ張るつもりでいく。」と金田。この
自覚が頼もしい。
 
こうしたフレッシュなメンバーをまとめる
のは、もちろん主力たちだ。新シーズン
に向けて5月にチームづくりが始まって
半年。9年連続で日本代表入りした
セッター宮下は、昨年故障した脚の
完治を優先して代表の活動を辞退した。
その分、チームでじっく り調整できた。
 
不動の司令塔ながら、これまでは日本
代表の国際大会を終え、リーグ開幕前
に合流するパターンが続き、連係が
かみ合うまで時間を要した。 「今まで
なら試合を重ね、探り探りコンビを
合わせていたが、ことしは『この選手
には このトス』とすぐ浮かぶ。」と宮下
は仕上がりに自信を持つ。
 
もう1人、心強いのが膝のけがで1年間、
公式戦から遠ざかっていた主将山口の
復帰だ。変幻自在のアタックは健在で
「苦しい場面で1点取るのが役目。私が
コートに入る ことで仲間を強気に
させたい。」と開幕戦でのカムバックを
にらむ。
 
“駒そろう”
 
シーガルズが過去最高のプレミアリーグ
準優勝を果たしたのは2013-14年
シーズンだった。福田、栗原の強力な
ベテランアタッカーに、売り出し中の
センター川島、リベロ丸山らがかみ
合ったバランスの良い布陣だった。
 
当時と比べ、今季の戦力について河本
監督はこう手応えを語る。「一発で
決める力は劣るが、守備力やプレーの
精度、ポテンシャルは間違いなく高い。どの
場面にも対応できる駒がそろった。」
 
新人のセッター小野寺、レフト西村らも
出番を増やす中、底上げした各世代の
「融合」がどう進むかが、最上位 リーグ
で巻き返す鍵だ。昨季プレミアリーグ
準優勝のJTとの開幕ゲームで、指揮官
がオーダー表にどんな14人を記入す
るか注目される。(山陽新聞より)

 
  ◇  ◇  ◇
 
“優しき巨人”
5c - コピー (2) - コピー
 
大宅に記者がムセルスキーへの質問を
すると、大宅は試合中ムセルスキーへの
トスがあまり上手くいってないと感じたの
か、「(タイムアウトなどにコミュニケーション
を取っていたのは)ほとんど、『ミスった
時は俺のせいだから』と言ってくれて、
『トスは悪くないよ』という風に、試合中も
練習中もそうなんですけど、ちょっと僕が
追及していこうかな、本当に(トスが)良い
のかなと。」と反省の弁を述べた。

 

すると、ムセルスキーが突然質問も
されてもないのに右手人差し指を立てて
「一言いいかな」と話し始めると、
「もちろん個人的には、セッターにやる気
があって、僕のことを考えてくれて嬉しい
ことです。僕のニーズを探ってくれるのは
嬉しいことです。彼のこと、本当に好き
です。」と大宅のフォローをした。思わず
大宅は恥ずかしいそぶりで、両手で顔を
覆い、記者会見場には笑いが起こった。
その場にいた誰もがムセルスキーの人柄
の良さと心の大きさに惹かれた。

 

心優しきロシアの巨人、ムセルスキー。
これからもプレーだけでなく人柄でも
日本のファンを魅了していきそうだ。
 (VBマガジンより)
 
48044497-1A64-4606-A7BF-61F97113DF2F - コピー
 
   ◇  ◇  ◇

  
セリエA
10/28

SIENA初勝利ならず
 
44934557_2261616380575454_560304850567430144_o
SIENA 2-3 SORA
(25-22,23-25,22-25,
 25-22,11-15)
未勝利同士の対戦で惜敗。
 石川 17、F.エルナンデス 34得点。
 次の試合は古巣のLatinaと。
 ペルージャ・ルベナ・モデナが3連勝。
 
45008105_2261617927241966_7118431006289297408_o
 
  ◇  ◇  ◇
 
11/3
 岡山 × JT

DqvZRFjU8AEGJac
 JTさんのtwitterより。Part3まで
 あるんだそうです。
 

岡山シーガルズ
2018-19
 






【1】吉田みなみ
(よしだ・みなみ)
 チーム全員が役割に徹して粘り強く
戦い、そして元気な岡山を発信します。
副主将,OH,166,大阪国際滝井







【2】山口 舞(やまぐち・まい)
私たちの粘り強く戦い抜く姿で岡山を
元気づけられるように頑張ります!

主将,MB,176,大阪国際滝井
 






【3】田口 絢佳
(たぐち・あやか)
たくさんの方々の思いを胸に、ぶれ
ない強さを持ってチームに貢献
できるよう頑張る!
MB,179,東九州龍谷







【4】吉岡 美晴
(よしおか・みはる)
感謝の思いを忘れず、チームの勝利に
貢献できるように頑張っていきます。
OH,179,東九州龍谷







【5】宇賀神みずき
(うがじん・みずき)
チームや応援してくださる方々の思い
を感じながら、仲間を生かせられる
よう全力で戦う。
S,176,國學院栃木
 






【6】渡邊真恵
(わたなべ・さなえ) 
仲間との「和」を大切に、スピードの
ある攻撃でチームに貢献します。
OH,174,盛岡誠桜







【7】佐々木 萌
(ささき・もえ)
応援してくださる方々の思いを力に
変え、チーム全員で結束し戦い抜く。
OH,179,宇部商-三洋電機
 





【10】西村弥菜美
(にしむら・みなみ)
どんなことにも挑戦して自分の壁を
越えたい。応援よろしくお願いします。
OH,168,東九州龍谷







【11】高柳 萌
(たかやなぎ・もえ)
技術面、精神面ともに自分の壁を越え
られるよう挑戦し、厳しさを持って頑張る
MB,177,大阪国際滝井







【12】居村 杏奈
(いむら・あんな)
自分に挑戦してさらに成長したい。仲間
への思い、皆さんの応援を力に変える。
MB,178,松山東雲







【13】磯部 光里
(いそべ・ひかり)
応援してくださる方々の思いを力に、
粘り強くシーガルズらしいバレーで戦い抜く。
OH,177,島田商







【14】宮下 遥
(みやした・はるか)
新リーグで初の頂点を目指し、強い
思いを持って戦う。応援よろしくお願い
します。
S,178,大阪国際滝井







【15】高田 茉優
(たかだ・まゆ)
大事な場面での強気に攻めるサーブ
で、チームに良い流れを持ってきたい。
S,166,大阪国際滝井-中京大







【16】永間香奈子
(ながま・かなこ)
少しでもチームの力になれるよう、全力
で頑張る。応援をお願いします。
L,166,聖和女学院-中国学園大







【17】林 日向子
(はやし・ひなこ)
昨季の悔しさをプレーで表現し、自分の
弱さに負けない気持ちで戦う。
OH,176,大阪国際滝井







【18】金田 修佳
(かねだ・しゅうか)
昨季よりパワーアップした姿をお見せ
できるよう皆さんの思いを力に
頑張ります。
OH,177,大阪国際滝井







【19】森田 夕貴
(もりた・ゆうき)
正確性、スピードのあるレシーブで
チームに貢献できるよう頑張りたい。
L,156,大阪国際滝井







【20】丸山 亜季
(まるやま・あき)
思いを力に、皆さんに元気になって
もらえるよう力強く戦う。応援よろしく
お願いします。
L,159,近江







【21】高野由里加
(こうの・ゆりか)
応援してくださる皆さんの思いを胸に、
チームが苦しい時に流れを変え
られるよう頑張る。
MB/OH,178,大阪国際滝井
 






【22】大楠 鼓雪
(おおくす・こゆき)
自分の壁に挑戦し、全員でお互いを
生かし合いながら精いっぱい
頑張ります。
MB,173,鹿児島女-大野石油







【23】前田 明里
(まえだ・あかり)
ジャンプ力を生かしたプレーや新人
らしい新鮮さ、思い切りで応援に
応えたい。
OH,173,大阪国際滝井







【26】長瀬 そら
(ながせ・そら)
プレー面だけでなく精神面でも成長
し、チームの勝利に貢献したい。
OH/MB,180,大阪国際滝井







【27】楢崎 慈恵
(ならざき・よしえ)
プレーだけでなく挑戦する姿勢や仲間
への思いを胸に、全力を尽くします。
L,164,大阪国際滝井







【28】川島亜依美
(かわしま・あいみ)
若手選手が多い中、強さを感じられる
プレーで仲間を引っ張っていく。
副主将,MB,182,九州文化学園







【31】小野寺夏希
(おのでら・なつき)
自分に挑戦し、チームの勝利に貢献
できるように精いっぱい頑張る。
S,170,細田学園







【32】下司 響生
(しもつかさ・ひびき)
チームのために、今の自分ができる
ことを精いっぱいやり切ります。

OH,170,大阪国際滝井