26③
 福澤達哉
 
  ◇  ◇  ◇
 

インターハイ
7/30

〇決勝
洛南 2-3 市立尼崎
 (21-25,33-35,25-22,
  25-14,20-22)
市尼は#1安井を軸としたコンビ
 バレー。洛南は終盤のSミス×2
 が痛かった。市尼、宮城テリーク
 のBOから、PS#10佐藤のSAで
 先取!

 
 SET2 大塚対角の垂水の決定率
 が上がってこないと…と思っていたら
 垂水×2、溝井連続SAで12-11。
 市尼連続B!!で15-13。大塚×西村の
 打ち合い19-19。
 
 終盤、市尼S柴田のトスワークが
 見事。MBの安井・岩本がそれに
 応える。相手の10度のセットポイント
 を凌いだ洛南も素晴らしい。両
 チームがミスを出さず(稀に見る)
 見応えのあるセットでした。
 
 SET3 大塚奮闘し6-4。大塚BA
 で9-7。ここまでSミスの多かった
 洛南、山本がSAで13-9。センター・
 ライトに振り出した洛南、18-14。
 
 (市尼・岩本大吾選手は、アジア
 ユースで活躍したMBです。)
 洛南はS山本がセンターを多用した
 後、大塚のBA、最後は垂水×2。
 両チームセッターの頭脳戦。
 
 SET4 大塚BA! 7-5。溝井SAで
 9-6。洛南が波に乗ってきたか。
 垂水の素晴らしいストレート、11-6。
 宮野(ライト)トスから中島の速攻。
 強豪チームはこういうことも簡単に
 やってのける。15-9。中盤あたり
 から市尼のミスが目立ち、中島・
 垂水が確実に決めた洛南がフル
 に持ち込む。
 
 SET5 どちらも連続得点を許さ
 ない、8-7。市尼が粘り逆転!
 11-12。14-13と、先にマッチPを
 握ったのは洛南だったが…。
 
 大塚の強打を何とか拾い粘る
 市尼。20-19からMB岩本・安井
 が決め20-21。最後は西村渾身の
 アタックが洛南のコートに突き
 刺さり、見事な初優勝!!!
 記憶に残る名勝負でした。
 
〇洛南
 山本S 中島MB 垂水
 大塚 溝井MB 宮野
 木村L
〇市立尼崎
 宮城 立石 安井MB
 岩本MB 柴田S 西村
 山内L
 
【試合経過詳細】SET5
 
IMG
 
こうしてまとめて見ますと、互いに
 一歩も譲らなかった激戦がよく
 伝わるかと。3-3から11-11まで連続
 得点は互いになかったんですね。
 
 宮城選手の得点したところを見て
 ください。何と、1点リードされている
 場面で8度もアタックを決めて、同点
 にしているのです。186cmで打点も
 さほど高くは見えなかったのですが、
 勝負強く重そうなアタックが武器です。
 (宮城テリーク選手は沖縄出身→
 首里中なんだそうで。)
 
 洛南はV候補NO.1というプレッシャー
 の中でも冷静なプレーが目立ち
 ましたが、市立尼崎の粘りに2度目の
 優勝はなりませんでした。
 
 SET3・4では、センター線に時間差や
 移動攻撃・パイプなどを絡めた多彩な
 攻撃が圧巻でしたが、
 やはり(SET5は)15点までとなると、
 大塚・垂水選手に集めたのも仕方
 なかったですかね。その2人が
 着実に決めていましたから、それを
 上回った市立尼崎の粘りが凄かった
 としか言えません。
 
 しかしこんな好試合(上の表でも
 分かりますように、互いにミスが
 非常に少ない)、かつ激戦、滅多に
 観られるものではありません。
 両チーム、ありがとうございました。 

 
〇準決勝
鎮西 1-2 市立尼崎
 (21-25,25-19,18-25)
洛南 2-1 駿台学園
 (17-25,25-21,25-17)
勝利の瞬間、歓喜の市立尼崎に
 対し、淡々としていた洛南。洛南は
 駿台学園に1SET取られたのが
 不本意だったのだと見ました。
 
 鎮西は、やはり水町選手に頼らざる
 を得ないと言うか、市尼はそこを
 きっちりマークしてきました。
 “咄嗟の状況判断”…水町選手がさっと
 動くのですが、他の選手は遅れる
 みたいな場面が何回かありました。

 
IMG
 
【BEST6】
安井恒介・岩本大吾
 (市立尼崎)
大塚達宣・山本龍(洛南)
水町泰杜(鎮西)
染野輝(駿台学園)

  ◇  ◇  ◇
 

 龍神NIPPON
 (日韓親善試合)
23
 
28①
 司令塔争い
 藤井直伸×関田誠大
 
28②
 
30①
 リベロ争い
 古賀太一郎×井手智
 
30②
 
29
 半年でスーパーエースに
 成長した西田有志
 
DjRN9DqVsAAptX3

  ◇  ◇  ◇
 

アジアクラブ選手権
 今日開幕ですが、東レの試合は
 ありません。

7/31 vs イラン
8/1 vs カザフスタン
※カタール・イラク・ヨルダンが不出場
 となり、参加は13チーム。

 
DjPYLBhVsAAXz7u
 
S:阿部
L:渡辺・瀬戸口
WS:戸嵜・米山・藤井・星野
 峯村・落合
MB:冨松・小宮山
11人しかいませんが、頑張れ!
  ↓
 伏見・高橋選手合流で13選手でした。
 
 東レアローズ!ベテランセッターの
 阿部裕太選手に期待です。
 
 昨年のこの大会は、豊田合成が決勝
 でサーマイヤ銀行(イラン)に敗れ、
 準優勝でした。どのカテゴリーでも
 イランがアジアでのライバルになって
 きていますね。
 
Dg7qcwAU8AEiCA6