~大学リーグ途中経過編
  学園大×広文の結果は如何に?
  (この後のブログで)
 
  ◇  ◇  ◇
  

1 (2)
 
吉田みなみが復帰

意欲十分 「確実に点を取る」
 
シーガルズの元気印が コートに戻って
くる。体調不良のため、今季V・チャレンジ
リーグでは1度も出場がなかったレフト
吉田みなみが、30日からの黒鷲旗 で
選手登録された。1年余り遠ざかる
公式戦を前に「速い攻撃で相 手の
リズムを崩し、確実に点を取る。」と
意欲十分だ。
 
現役では主将の山口に次ぐ 入団12年
目。チームの顔的な存在だが、昨夏に
体調を崩 し、シーズンオフの約3カ月
間は練習もままならない状態 だった。
チャレンジリーグで はマネジャー登録
でベンチに入り、タイムアウト中に
ドリンクやタオルを選手に渡して回る
など裏方として優勝を支えた。
 
その間、体力回復に努めながら、戦列
復帰を目指してき た。3月ごろから
チーム練習 に本格的に加わり、今は
抜群の身体能力を生かしたス ピードの
あるスパイクやレシーブを見せている。
「タイ ミングをずらし、ブロックをかわす、
彼女らしいアタック が戻ってきた。」と
河本監督は話す。
 
大阪国際滝井高時代はセッ ター兼
アタッカーとしてイン ターハイで2年
連続準優勝 し、シーガルズ入り後も
数々の大舞台に立ってきた。こう した
豊富な経験は若手の多い現在の
チームに不可欠で、今季リーグでは
ミスをした選手 にそっと近寄りアドバイス
したり、励ましたりと力を尽くした。

 
復調の原動力はそんなチームの成長
だった。「もう一度バレーができるか
不安があった。でも、みんなのプレーを
ベンチから見て、『私もやらなきゃ』と
刺激を受けた。」と 打ち明ける。「悪い
雰囲気を 変えるプレーが役割。」
黒鷲旗での上位入賞へ、背番号1の
躍動が欠かせない。(山陽新聞)
 
     *
  

黒鷲旗では、毎日先着2000人に
抽選券が渡され、アシックスのバック
パック他のグッズが当たるそうです。
ブイリーぬいぐるみの販売もあり
ますよ!
 
【登録18選手】
23 - コピー

山口・川畑・宮下選手が抜けましたね。
 1年生では西村・小野寺が入りました。
 磯部選手、久しぶりのプレー見られ
 ますように。

 
  ◇  ◇  ◇
 

大学春季リーグ
 勝敗表 4/28
〇中国
IMG - コピー (3) - コピー
広島文化、強いですねえ、1SET
 しか落としていませんものねえ。
 学園大は21日、広文に敗れは
 しましたが、得点差はたったの6点
 (4SETで)でしたから、力の差は
 紙一重です。今日の第2戦、勝つ
 可能性は低くないと思っています。
 応援には行けませんが、ヒッシー
 に懸ける!!!
 
〇関東女子
IMG
小林泰瑛選手が抜けてどうかなと
 思っていました東海大ですが、
 貞包理穂(鹿島実)・横田真未(古川
 学園)・松本愛希穂(四天王寺)選手
 と、50%~60%決めてくる選手を
 3枚揃えていますから強いはず
 ですね。
 
 残り5試合の対戦相手を考えますと、
 筑波・青学らは星の潰し合いになり
 ますから、東海に待ったをかけれ
 そうなのは、日体・順天堂あたり
 なんだと思います。順天堂は、
 瀬戸杏華(MB 金沢商)選手の高い
 決定率と、得点源・志摩美古都
 (WS 敬愛学園)選手の存在が大きい
 ですね。
 
4/29
〇中国
広島 2-3 IPU
 (25-21,20-25,25-22,
  22-25,16-18)
ギリギリの7人で頑張っている広大
 ですが、リベロ不在で苦しいですね。
 逆に坂本博秋監督率いる(元岡山
 コーチ)IPUが元気です。動画で
 見ますと、田中萌奈選手(清心女子
 出身)が菱川選手顔負けのパワー
 スパイクを放っていて驚きました。
 1年生です。同じ1年の↓#36の選手
 も途轍もなく大きそうですが、恐る
 べしIPUの1年生!という感じです。
 
Db6s6VhUwAAaTdX
 
広島文化 3-0 福山平成
  
〇関東男子
筑波 3-2 明治
早稲田 3-0 中央
 (25-18,25-21,32-30)
2段も打ち抜くレフト。MBの武藤
 選手も素早い移動からのコースを
 打ち分ける速攻。数字以上に差が
 あったように思います。
 
 中央は劣勢のSET2途中から、都築
 →中野竜選手となったのですが、
 この中野選手、今まで出てこなかった
 のが不思議なくらい。BAもシャープ
 だし、最初から出ていたら、早稲田も
 苦しんだでしょうね。中央のMB水野
 選手は、モーションや構えが大き
 過ぎて、次の動きが0コンマ何秒か
 遅れているような…。
 
 早稲田は、狙いが何かは分かり
 ませんが、OP宮浦選手にあまり
 トスが上がりませんでした。温存して
 勝つ?(中央に比べてMBの決定率
 が高いので十分と見たんでしょうか)
 
 SET3は終盤、19-22と中央がリード。
 しかし慌てず騒がずの早稲田。
 26-27から藤中選手、余裕でリバウンド
 をとって決めた後、Bも決めて28-27。
 30-30から(ここぞと言う時に)宮浦
 選手の強打クロスで早稲田、8連勝!
 
Db65W8OVwAA8gVE
 ジェイテクト相手にどこまでやって
 くれるのか楽しみ。

 
〇関東女子
東女体 3-0 嘉悦
筑波 1-3 青山学院
 (25-19,19-25,13-25,21-25)