15
 石川選手を欠いてもなかなかやる
 2017龍神NIPPON!

 
日本 vs アルゼンチン
 (Click↑)
 
ヴェスヴィオカップ
5/30

 

日本 3-2 アルゼンチン
 (25-23,25-20,22-25,
  17-25,15-12)
 
 柳田 山田 山内
 李 深津 浅野
 井出L
 
ちなみにFIVBランキングでは、イタリア
 が4位、アルゼンチン6位、日本14位です。
 石川選手は怪我だとか。
 SET1 19-19から山内のSで崩し、藤井・
 大竹イン、柳田Sで崩し22-20。柳田SA
 で23-21。アルゼSミスで日本先取!
 
 SET2  山田の痛快なストレート、柳田の
 BA×2などで互角の戦い、15-16。
 誰も見てないのに速報でもするか!
 李の速攻とBで19-17。
 
 柳田のSで崩して返ってきたところを
 柳田のBAとか凄過ぎないか。これだけ
 でも寝ないで観た価値あり。大竹で22点
 目、最後は山内速攻。
 
 SET3 セッター藤井。山田BA、山内切れ
 のある速攻などで8-6。李B11-8、浅野も
 決めて16-15。山田のBAなどで粘るが、
 最後レセプが乱れてこのSET失う。
 
 SET4 アルゼンチンはイタリアほどの
 豪打はなく、サーヴの精度が低い。日本
 はここまで浅野の固い守りと、ライトに
 起用されている山田の活躍が光る。
 
 アルゼが意地を見せてきたか。アタック
 にキレ、6-8。連続B浴び9-14。日本の
 Sミスが目立ち始めた。中盤から鈴木・
 高松・大竹・関田・出耒田がイン。先を
 見据えた選手起用。
 
 SET5
 大竹・出耒田・深津先発。勝ち優先の
 選手起用ではない。アルゼ連続アタック
 ミスで6-4。出耒田・大竹、期待に応えて
 10-6。柳田BOで13-11。14-11のマッチ
 ポイントで深津は大竹のBAを選択。
 結果的にはBを浴びたが、これには
 うなった。最後はチームの核である柳田
 が巧くBOをとって、世界6位のアルゼンチン
 に勝利。いろいろ試した中での勝利だけ
 に、大きな自信に繋がるのでは。
 見応えのある一戦でした。(徹夜して
 よかった。)

 
DA_vKdFUIAAKqpF

DA_vK6tUwAAHPPc
 (JVAより 5/29 イタリア戦)
 
アルゼンチン戦、2SET先取しての
SET3。セッター先発は深津→今回初選出
の藤井選手へ。なるほどと思う采配でした。
ブラン監督代行、なかなかやるじゃない
ですか。何が何でも勝ちにいくというガチ
ガチの采配ではなく、先を見据えた采配
でした。ワールドリーグでも期待しています。
6/9からは中垣内監督だそうですが、
コーチとして手腕を発揮してください。
 
DBC4PJhUIAEKeYp
 5/29 柳田将洋選手
 
6/2からワールドリーグです!
(スロバキアのポプラート)
 
     *
 

アジアクラブ選手権
 
 久光製薬は4連勝で
 カザフスタンとの準決勝へ!
 
DBCj59EV0AAKDda
 
  ◇  ◇  ◇
 

5
 (画像元→岡山facebook)
 
14
 
ただの強化合宿ではなく、地域との
繋がりを忘れないシーガルズ。こういう
ところにファンは惹かれるわけです。
(じゃあないですか?) サマーリーグに
向けて頑張れ!シーガルズ!