12 松本野・下司
 
近畿高校私学大会
12/23 1日目

 (滋賀短期大附属高)

1 亀田(奈良女子)
〇1試合目
 この試合キャプテンの
 亀田安里紗選手(MB) 
 
2 高柳
 
先発:
 松本野乃華(WS)下司響生(WS)
 長瀬そら(MB)・高柳萌(MB)
 船岡美鈴(WS)・清水睦香(S)
 
3 清水
 今日のセッターは↑清水選手(1年)と
 吉尾選手(2年)が半々ほどの出場
 でした。正セッターの松本彩音選手
 (2年)はコートに入りませんでした。
 「今日は勝てるだろう」との判断かも
 知れません。

 
4 船岡
 船岡選手(2年)
 
5 長瀬
 長瀬選手(1年)
 
7 下司
 下司選手(1年)
 
10 松本野
 松本(野)選手アタック
 かなり決定率の高い(ライト)選手だと思う
 のですが、なかなかトスが集まりません。


11 下司
 下司選手アタック
 今日、レフトとして出場したのは、下司・
 寺田・中山・船岡・前田選手の5人。
 攻撃面から見れば1年の前田選手は
 面白い存在かなと思います。
 
滝井 2-0 奈良女子
 (25-15,25-18)

 サーブレシーブが安定、ワンタッチをとって
 の切り返しが冴え、奈良女子を寄せ付け
 ませんでした。攻撃面では、前田・松本(野)
 選手が活躍。

 
14 石原・松本野・高柳
 中山紗幸・松本(野)・高柳選手。
 センターで出場したのは、高柳・長瀬・
 亀田選手の3人。

 
16 高柳・前田・清水・山本
 #8 前田明里・#12山本彩夏選手(リベロ)
 
〇2試合目
 松本(彩)選手に加えて、松本(野)選手まで
 先発から外した滝井。ちょっとした心配が
 的中してしまって…
 相手のサーブがよかったのと、#3OP
 サウスポーの選手、かなり威力のある
 攻撃を仕掛けてきて、「これは負けかな」
 と何度思ったことか。

 
22 寺田・松本野・高柳
 
滝井 2-1 滋賀短大附属
 (21-25,27-25,15-9)
 
先発:
 下司(WS)・長瀬(MB)・清水(S)
 安田梨夏(WS)・高柳(MB)
 寺田千夏(WS)選手
 
24 亀田・寺田・吉尾
 亀田・寺田・吉尾夏希選手。
 
 SET1は、完全に滋賀短大附属のペース。
 勢いのあるサーブに押され、滝井はほぼ
 レフト一辺倒の攻撃に。
 
 SET2はライトに松本(野)選手を投入。
 終盤もつれましたが、地力の差(経験?)
 で何とか逃げ切った滝井。
 
 SET3は、滋賀短大附属にミスが連続し、
 序盤で8点差。相手は、「滝井に勝利」を
 意識しすぎたのではないでしょうか。
 寺田選手が徐々に力を発揮し始め、
 何とか何とかの勝利です。
 
 1日目、1位通過でしたので
 明日の決勝Tは、
 滋賀県立体育館 です。
 会場をお間違いないように。
 
〇1位通過チーム
 大阪国際滝井
 日ノ本学園
 和歌山信愛
 四天王寺
 
 後の4チームは別会場でしたので
 ???です。おそらく、金蘭会・
 京都橘・須磨ノ浦あたりは残って
 いると思います。滝井は新チームでした
 が、四天王寺・信愛などはガチメンバー
 でしたので、明日勝ち抜くのはかなり
 しんどいでしょうね。
 
 四天王寺のセッター
 川西花菜子 選手。
 155cmと小柄ですが、かなりの高速
 トス、それでいてアタッカーが打ち易い
 安定したトスを供給し続けていました。
 素晴らしい!センターの速攻強打も目が
 覚めますし…
 1つだけ、なぜ、ブロックが〇〇なん
 でしょう。ブロックが強化されれば、
 春高快進撃なのでは?

 
  ◇  ◇  ◇
 
5学連対抗戦
 
CW4RYLcU0AAyMzP
 
九州・関西・東海が三つ巴の
戦い(すべて1-1)を見せたのに対して、
中国チームは関西・東海を相手に
1-1と粘りましたが、九州に0-2。
 
しかし、勝ち3P,引き分け1Pのため
九州・関西に次いで3位通過です!

 
IMG - コピー
 
準決勝は
 中国 vs 関西


 

がんばれー!
川畑・山河・則末
 選手!
 
※詳細は次ブログで。