FINAL6は悠然と構えましょう!

まあ、落ち着きがないのは私だけという
説もありますが。こんな時にもってこいの
 ほのぼのとした話題ですよ!↴



選手寮にアイドルが
 やって来た
   生後2か月の柴犬「けん」

2

 上位6チームで争うプレーオフ(ファイナル6)
進出を決めた愛媛大会後に、岡山シーガルズ
の選手寮に犬が“入寮”しました。河本昭義
監督の知人から贈られたかわいらしいオスの
柴犬で、早くも選手たちの「癒しのアイドル」
として人気を集めているそうです。

 動物好きの選手が多く、寮には小鳥や金魚、
めだか、カクレクマノミがいましたが、犬が
やってきたのは初めてです。名前は、中田聖子
コーチが「けん」と名付けました。「健康で、
賢く、堅実に育ってほしい」
という願いを
込めています。生後2カ月、体長は30センチ
ほど。柴犬で毛並みが美しく、ぬいぐるみその
ままの愛らしさです。

 選手とのふれあいは、朝起きた時から始まり
ます。ふだんの居場所は寮の事務所ですが、
朝はロビーを通る選手を待っています。寝起き
の選手たちも「おはよう!」とあいさつして
笑顔に。朝の空気が一気に変わります。
帰ってきてからも、「癒される!」とたくさんの
選手に抱っこされたりして、早くもアイドルの
素質を発揮しています。


1

 犬を飼ったことのある佐々木萌選手は遊ばせ
上手です。丸めたタオルであやしたり、
ぬいぐるみなどのおもちゃで一緒に楽しんで
います。逆に、卜部里菜選手はちょっと苦手
みたいです。「かわいいから抱っこしたい」と
言って抱っこはしてみるんですが、顔を
なめられそうになって「やっぱり無理」と
断念してしまいました(笑)。

 ほかにも、山河加苗選手がお座りやお手を
しているのを見た黒河亜紀選手が「私も!
私も!」とやってみたら、空振りしたり…。

とにかくみんな「けん」に夢中ですね。
ファイナル6に向けて選手たちも、さらに
厳しい戦いが続きます。練習や試合の緊張
感を癒してもらい、「けん」と一緒に頂点を
目指したいと思っています。
 (金森アシスタントコーチ談。さんよもより)

うーーーん、意外とだらしのない
 卜部選手!黒河選手も、子ども相手のように
 は
いきませぬ…。


  ◇  ◇  ◇     


FINAL6
~前日記者会見より


3


4


5


     


28日からプレーオフ
 
春高ヒロインたち早くも躍動
 (産経新聞より)

 高校2年で全日本代表入りし、2020年
東京五輪に向けた強化指定選手に選出さ
れている古賀紗理那(熊本信愛女学院)。
NEC入りする有望株は15日のデンソー戦で
初出場を果たすと、川崎市で行われた21日
の岡山シーガルズ戦で本拠地デビューを
飾った。


 「高校と違って高さも粘りもある。かなり
拾われ、すごく難しかった」。周囲との呼吸は
今ひとつながら、第3セットでは最初から
コートに立ち、181センチの長身を生かした
強打やブロックを決めた。「もっとしっかり
ボールを呼んで、点数を取れるよう頑張り
たい」と意気込む。



spo1502260040-p3

 大阪国際滝井で「春高」準優勝に貢献した
金田修佳は、内定先の岡山シーガルズで
試合ごとに出場時間を伸ばし、21日の
NEC戦で10得点を決めた。中学時代から
知る河本昭義監督は「肩と肘、手首が非常
に柔らかい。彼女の奮起に期待したい」と
目を細める。


 対戦相手にとってはデータの少ない内定
選手。プレーオフなどでは貴重な戦力と
なりそうだ。


金田選手、FINAL6でも
 活躍間違いなし!



  ◇  ◇  ◇


ブランク越え
 6年ぶりの現役復帰!


 岡山シーガルズに入団してまだ1カ月。
異例とも言える6年ぶりの現役復帰という
ブランクも乗り越え、ライト泉夏子は
レギュラーラウンド終盤の全6試合に途中
出場した。177センチの左腕は、独特の
リズムから繰り出す強打に加え、レシーブ
のセンスも光る。
短い出場時間できっちり
役割を果たし、早くも河本監督の信頼を
勝ち取った。

 山口・誠英高では2005年全国高校選抜
で4強。ジュニア日本代表のエースを務める
など将来を嘱望されたアタッカーだった。
だが06年に入団した当時のNECは杉山、
高橋、大貫ら日本代表経験者がずらりと
並ぶタレント軍団。「大先輩たちと一緒に
プレーするだけで緊張していた」。出場機会
に恵まれず、08―09年シーズンを最後に
21歳の若さで引退。「も うバレーはしない」
と決意したつもりだった。


Screenshot_2015-02-27-06-44-23

 転機は同社を辞めた12年。地元の9人制
クラブチームに所属し、実戦を重ねるうちに
「6人制でやりたい」という思いが強く
なった。やるからには、うまくなりたい」―。
その一心で昨年暮れにシーガルズ入団を
志願。ひた向きな姿勢が評価され、河本
監督が課したテストに一発合格した。

 背番号55を付けて戻ってきた華やかな
舞台。「コートにいる6人全員が同じ考えで
動いている。今はそれがすごく楽しい」。
練習では自分の課題に冷静に向き合うなど
向上心にあふれる。「仲間に安心感を与え
られる選手になれたら」。悔いが残る過去を
拭い去り、大好きなバレーに打ち込む。
 (さんよもより)



  ◇  ◇  ◇


16

明日は、9:45からの大和田新人戦
(準々決勝)を応援した後、中央体育館へ。
15:00くらいには終わりますかね?
出来れば大和田の決勝戦も観たいのですが、
ちょっと無理ですね。

今後を大きく左右する第3試合、
 NECー東レを観戦することにします。


17


21


14

 期待の大和田新チームでした。


頑張れー

 大和田!